HOMEヨミモノyukkyの160cm・60kg→45kgへの挑戦! > 2011年5月

yukkyの160cm・60kg→45kgへの挑戦!~お金をかけずに、ひとりビューティーコロシアム~

プロフィール

  • 性別→女
  • ニックネーム→yukky(ゆっきー)
  • 誕生日→1979年3月20日
  • 出身地→北海道
  • 趣味→人と喋る事(脳トレ)
  • 長所→好きな人は本当に大事にできる。
  • 短所→病院に行こうとしない。
  • 最近ハマッてるもの→戦国鍋TV
<   2011年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

【2011年5月】の記事一覧

子守唄からハイテンション


昨晩。
娘を寝かしつけている時に、
『ママともだちのうた歌って』
というので。
すぐにピンときて、

『い〜つまでも〜たえる〜ことなく〜
と〜もだちで〜いよお〜♪』

と歌ってあげている最中に、
娘がボートを漕ぐような動きをして、うめくように
『とまれとまれとまれとまれとまれとまれとまれとまれ』
と言い出し、
これまたすぐにピンときて

『あ、シンジくんね!』
というと、
ニヤッと嬉しそうにしていました。

そしてセットのように
『翼をください歌って』ときたので、
同じように歌ってあげると
ささやくように
『エーティーフィールド全開!』だの
『あやなみー!来い!』だの
名シーンの数々ですよ!
『ごめんなさい。なにもできなくて...。』
『いいんだ!』
綾波レイとシンジくんの掛け合いまで始め、
どんどんテンションが上がっていく一方...
コレは逆に寝ないなぁicon:sweat
と困っておりました。

「弟が起きるから今日はこの辺にして寝よう」
と言っても1人でセリフをブツブツ.........。
言いたいだけ言わして放置していたら
いつのまにやらzzzzz......

しばらく彼女がガチ寝したのを確認し、
こ〜〜〜っそり布団を抜け出し、
仕事を始めようとしたら、
『え〜〜〜ん!』と追いかけて来ようとしたのを
振り切って、仕事部屋にスベリ込み、空かさず、
主人との連係プレーで主人が追いかけてきた娘をキャッチし、
寝床まで運び、そのまま寝かしつけてくれました。

それにしても小さな子供でもハマる程
エヴァは素晴らしい作品なんですよね。
2人でブルーレイが劣化するんじゃないか
ていうくらい見倒してますよ!

110523_1401~01.jpg



  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

5月22日 北海道新聞 朝刊に載りました!


こんにちは。
タイトル通り
載せて頂きました。

shinbun-s.jpg

『あんた載ってるって二見さん(ご近所)
 からキリヌキもらったよ。』
...と、親やお客様から電話を頂いて
とっても嬉しかったです。

何より、家族に迷惑をかけるような内容で
新聞に載った訳ではなかったので
とても安心致しました。

北海道新聞 倶知安支局 及川さん、
わざわざ札幌までご足労頂き、
本当にありがとうございました!

これからももっともっと努力して、
人々に愛されるようなイラストを描き、
大好きな倶知安町の知名度を上げ、

人「どこのご出身なんですか?」
私『北海道の倶知安町出身です。』
人「へぇ〜。......くっちゃん?
  すいません、ちょっと分からないですね。」
私『あの〜...ニセコって知ってます?』
人「あ〜〜〜!!ニセコなら知ってます!知ってます!」
私『ニセコの隣町です。』
人「ああ〜あのニセコの隣町ですかぁ〜。」

もうニセコの知名度を
借りなくても良いように
したいですicon:snowman









  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

東京38


震災が起こる3日前の
3月8日まで。
私たち家族は仕事&観光で
東京におりました。

品川駅の真向いにある
品川プリンスホテル メインタワーに泊まり、
今までそんな高い所で寝泊まりした記憶が無い程の
高い階にその日宿泊するお部屋がありました。
主人が友達と遊びに出かけていたので、
私、娘、息子の3人でホテルのお風呂を
キャッキャしながら満喫しておりました。

子供たちにパジャマを着せ終え、
品川の夜景をボ〜っと見ていたら、

IMG_5975.JPG

急激に変なテンションになった子供が一人おりました。






IMG_5956.JPG

ちなみに手前の子ではありません。

後ろに注目。(ケツ......。)
パジャマを着せた直後、
『ママ、はだかん坊になりたーい!』
デへへ  と薄ら笑いを浮かべ、
ベッドの上で派手に衣服を脱ぎ散らかし、
自らスッポンポンに‥‥‥‥。
とてつもなく雑なストリッパーでした。

そして
品川の夜景をご堪能。

『アホか!』
おっかけながらおしりをペチンと叩くと、
嬉しそうに
キャッキャと逃げ回っておりました。



そして次の日、

IMG_5979.JPG

本日のメインイベント
東京ディズニーランドですよ。

人ごみが苦手なので、
あまり行きたい願望が無かったのですが、
娘とず〜っと前から約束していたので、
やっと連れてきてあげる事が出来ました!
息子はただただ私にくっ付けられて、
連れ回されているだけなので、
ここが東京ディズニーランドだろうが、
モエレ沼公園だろうが、
スーパーチェーン シガだろうが、
関係ないといった様子でした。
(きっと1ミリも覚えてないんだろう〜な〜...。)


せめて、娘の記憶にはちょっとでも
残ってたらいいなぁ。






ノースサファリ

2011年5月19日


GWに家族で
ノースサファリ札幌に行ってきました。

DSC_01010001.jpg

のっけからブッ飛ばした
ネーミングです。

天候も悪く、
足場は地獄絵図でした。
一瞬にして帰りたくなりましたが、
駐車料金 500円
入場料 大人1000円×2も払ったので、

楽しもうと決心しました!


DSC_0102.jpg

ねずみーらんどを抜けると、
ワラビーとふれあえます。
よく見るとお腹の袋に
赤ちゃんワラビーがいます。
めんこかったです。

カピバラも同じ所におりまして、
そいつは何とかここから逃げようとしている様子で
出口を占拠していました。
しばらく私たち家族を含め、
数人の大人達が立ち往生させられ、
困っていましたが、
そういう時こそ誰かが
立ち上がらなきゃいけないのです!
ジャンヌダルクの如く、
私が動き出しました!
その辺に置いてあった有料の餌(ニンジン)を
ちょっとだけお借りして、
『ほらほら、こっちへおいで!』とニンジンで誘導して
人々を解放してあげたのです!!

しかし誰もありがとう的な
会釈とか何もないカンジで、
次のアトラクションに進みました。
天候が悪いせいで動物達は全体的に

グッタリしていて、
ドロドロに汚れていました。

小雨で全身がしっとりして、
もう帰りたいモード全開の私でしたが、

本日のメインイベント!
子ライオンとふれあえる

というイベントがあったのですが、
開始時間までかなり時間がありまして、
しかも全員がふれあえるだけではなく、

抽選ですよ!

主人は子供のように楽しみにしていたので、
車で待つ事にしました。
私はだんだんテンションが下がってきまして、
ライオンとのふれあいなんて
どうでもよくなってきて、
主人と娘がライオンとふれあって戻って来るまで
息子と車で待っている事にしました。

すると
DSC_01060001.jpg

天候が悪いので
特別に来場者全員が
ふれあえたとのことでした。
(行っとけばよかった!!!)
主人は娘より目をキラキラさせて、
『おなかをナデナデしてきた!』
と喜んでいました。

天気がいい日にまた行ってみたい
気がします。












バイオレンスシスター

2011年5月19日


私は3人兄弟の末っ子です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

昨晩姉が来てくれて
『子供みててあげるからたまには
 飲みにでも行ってきなよ〜』
なんて言ってくれたので、
せっかくなのでお言葉に甘えて、
子供をみてもらって、
1人で飲みに行くのもなんなので、
最寄りのスーパーに食材の買い出しに
行かせて頂きました。

本当に妹想いの
優しい姉だなぁ

と感心するとともに、

丸くなったなぁ〜

としみじみ感じてしまいました。

なぜそう感じたって?
思い出すも身の毛がよだつ、
小学生〜中学生にかけての姉は
私に対してのみ
ドメスティック
バイオレンス
だったんです。

まぁ、私も姉の逆鱗に触れるような事を
よくやっていたのですが.........icon:sweat
例をあげると、

・コーナーに追い詰められグーで殴られる。
  (平手ならまだありがたい。私の友達が居ようが関係ない。)

・倒れるとマウントを取られる。
  (こうなると人間サンドバッグ状態。)

・泣くと大げさだとまた殴られる。
  (親に言っても「コラコラねーちゃんやめなさい。」チーン(終了))

・頭や耳を踏まれる。
  (特に私が寝ている時に、どや顔で「居たの知らなかった」との名言とともに。)

・毛布を頭から掛けられ窒息させられそうになる。
  (てるてる坊主の刑(浜ちゃんのような笑い声とともに。))

・耳を覆いたくなるような暴言の数々。
  (スゴすぎて書けない。)

・精神的な圧力。
  (大掃除が終わって除夜の鐘を撞きに行って、部屋に戻ると、
   キレイにしたハズの部屋に姉の要らなくなったガラクタを山積みにする。)

数え上げればキリがないのですが、
とにかくワヤな訳ですよ!

外での姉は友達たちの間では
気さくなイイ子で通っていたカンジでしたが、

家に帰るなり、
意味不明によく殴られてました。
でも不思議と姉の事が
全然キライじゃなかったんですよね。

姉はチビッ子で、
私の方がガタイが良かったのですが、
それまで逆らった事がありませんでした。
しかし人生おいて一度だけ
堪忍袋の緒がキレまして、

三角の大きい拓銀のマッチ箱を
姉に向けて投げつけてやったんです。
それが思いの外おもいっきり
こめかみにヒットしてしまい
姉がギャー!!となったので
ヤヴァイと思い、
次の反撃に備えたのですが、
その場から居なくなって、
それがドメスティックバイオレンスの
あっけない収束となってしまったんです。

今となっては、
私とは真逆の立派な職業に付き、
日夜人の為に奮闘されています。

何より恐ろしいのが、
あれほどまでに私の事をボコボコにした事を
1ミリも覚えてないんですって  icon:face_self-conscious_smile きゃ〜

とぼけてる様子は全く無く、
本気で覚えてないんですよ!!
フラッとインドに行った友達とか、
私サイドの証人はいくらでもいるっていうのに!

ということはあの時姉は
何かに憑依されてたって事でしょうか?
アレめっちゃ姉じゃなかったけ?

あんなファンキーでアグレッシヴ
日々を覚えていない方が不思議で不思議で
仕方ありません??????

ということは、
世の中にあるいじめ問題に置き換えると
やられた方は死ぬまで覚えているのに、
やった方っていうのはもしかして
全然覚えてなかったりするもんなのでしょうか?

今更ですが
ムカつくなぁ〜icon:lightning

いやいや、
思い出はこのくらいにして、
これからもたまに子供たちを
よろしくお願い致しますね。












1  2